東山産婦人科・小児科

臍帯血保管

お子さまが将来、
白血病を患ってしまった際
拒絶反応の少ない治療が
早期に受けられます

臍帯血保管とは

臍帯血はママと赤ちゃんを結ぶへその緒の中に流れている血液のこと。この中には血液をはじめ体の中のさまざまな種類の細胞のもとになる『幹細胞』が多く含まれています。
この幹細胞は白血病や悪性リンパ腫といった重い病の治療に活かされています。
万が一生まれてきた赤ちゃんやその兄弟が将来、白血病を患ってしまったとしたら…臍帯血が保管されていれば、極めて高い適合率で拒絶反応の少ない治療が早期に受けられます。白血病だけではなく試験段階では有りますが脳性麻痺・脊髄損傷・Ⅰ型糖尿病などの治療にも活用されつつあります。

当院はステムセル研究所の臍帯血保管の採取協力病院です

臍帯血保管お申し込みの流れ

第3回目の母親学級で、ステムセル研究所の担当者から説明を聞くこともできます

ステムセル研究所 ホームページ